2014年09月03日TRICK or TREAT★ (写真撮影担当: 遥)

雅輝 「うぉ~、ミイラ男だぞ~!」
玲 「よく似合ってるね~まーくん。まるで本物みたい」
雅輝 「そう言う玲もすげー似合ってんな。てかよくそんな衣装持ってたな! 牙まである!」
玲 「海外で何度も体験してるからね」
颯太 「そっか、玲は帰国子女だもんね。どうりでクオリティーが高いわけだ」
玲 「そうたんのそれは、一体何のお化けの格好?」
颯太 「お化けじゃない! 悪魔だよ!」
奏 「ハロウィンはお化けの格好をするのが基本なのに」
颯太 「あれ、奏のそれはお化けなの?」
奏 「見て分からない? かぼちゃのお化け」

 

ハロウィン


玲 「うーん、かぼちゃのお化けというか……」
雅輝 「かぼちゃそのものにしか見えねーな」
奏 「クオリティー高いでしょ」
遥 「はぁ、くっだらね。ハロウィンなんかにうかれやがって」
雅輝 「遥は何で仮装してないんだ?」
遥 「やるわけねーだろ、んな恥ずかしい事。俺は写真を撮るからいいんだよ」
奏 「みんなでやれば楽しいのに」
颯太 「そうだよ。これもCOLORFUL5の立派な活動だよ」
玲 「上半身裸で、このお面でもしておく~? そしたら狼男に見えるだろうし」
雅輝 「それ良いな! ほら脱げ!」
遥 「はあ? ふざけんな、ぜってー嫌だ!」
奏 「そんなに嫌がるなら…じゃあ、お菓子は持ってる?」
遥 「あ? 持ってねーよ」
颯太 「……最初にいたずらする相手が決まったね」
玲 「そうだね。こうなったら無理やりやるしかないかな」
遥 「ま、まさかお前ら……無理やりそれを着せる気か? やめろ、マジでやめろ!!」
颯太・雅輝・奏・怜 「TRICK or TREAT!」
遥 「うわぁぁぁぁぁぁ!!!」

 

 

戻る