2014年07月23日満天の星空(写真撮影担当:颯太)

颯太 「んー、星が綺麗な夜だね」
遥 「だな。夜だっていうのに明るいし」
玲 「星を見るには最高の場所でしょ? ネットで調べたかいがあったかな~」
颯太 「今日なら雲もないし、たくさん見れそうだね」
玲 「うん、うまくいけば土星も見えるかも」
遥 「土星か・・・ちょっと見てみてーな」
玲 「でも、もうちょっと時間かかりそうだよ? ほら、あれ見てよ」

 

雅輝 「なあ、俺にも見せてくれよ」
奏 「待って、まだ俺の番だから」
雅輝 「さっきからずっとそうだろー。俺も見てーよ」
奏 「もうちょっとだけ」

夜空

 

颯太 「奏が望遠鏡を独占してるのか・・・気に入ったのかな」
遥 「色んな星座が見れて楽しいんだろ。俺も夏の大三角形は少し気になる」
玲 「あれ、その本・・・はるちゃんって、もしかして星好きなの?」
遥 「嫌いではねーよ」
颯太 「遥の『嫌いじゃない』は『好き』ってことだよ」
玲 「なに? はるちゃん、ツンデレ?」
遥 「うるせえ。てか奏、もう十分見ただろ」
雅輝 「そうだ、いい加減代わってくれ」
奏 「もうちょっとだけ、あと2時間」
雅輝 「2時間って、長すぎるだろ!」
颯太 「そうだよ、俺も見たいんだから変わって!」
遥 「待てよ、まずは俺からだ」

 

奏 「みんな待ってよ、あと3時間」
雅輝・颯太・遥 「1時間増えてるじゃねーか!!」

 

玲 「綺麗な星空だってのに。こっちの争いは醜いねぇ」

 

戻る